2010年04月20日

平等院鳳凰堂 CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)

 国宝・平等院鳳凰堂(京都府宇治市)が1053(天喜元)年に創建された当時の内部の色や文様をコンピューターグラフィックス(CG)で再現した復元図が17日公開された。壁や柱、本尊・阿弥陀如来坐像の台座「須弥壇(しゅみだん)」などが、鮮やかによみがえった。

【写真特集】日本の世界遺産

 寺と文化庁による科学調査で、壁面を交差する柱に緑と青、赤のグラデーション模様や、仏の世界で理想の花とされる朱や緑の宝相華(ほうそうげ)が描かれていたことが判明。色彩が未解明だった周囲の小壁は、専門家の意見を踏まえ青を基調にした。

 神居文彰住職は「きらびやかな印象を持っていたが、心の中にしみ込むような落ち着いた空間と分かり驚いた」と話した。復元図は8月6日まで、寺に隣接する平等院ミュージアム鳳翔館で展示されている。【山田尚弘】

【関連ニュース】
平等院鳳凰堂:壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」
平等院鳳凰堂:柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か
<写真特集>ラオスの秘宝 世界遺産ルアンプラバン
京の仏像:/54止 雲中供養菩薩像南2号 平等院 /京都
<写真特集>軍艦島:近代化支えた海上都市 世界遺産めざし整備

中国潜水艦、沖縄沖を通過=公海で艦船7、8隻も−北沢防衛相(時事通信)
【注目ワードコラム】千原ジュニアが伝授する、渋滞回避の方法とは
専用サポートカウンター設置=足止め客向け−成田空港会社(時事通信)
<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)
<天気>オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く(毎日新聞)
posted by タヤマ タダヨシ at 11:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

新党準備、今夜会合=鳩山邦氏、結党時参加見送り−与謝野氏ら(時事通信)

 自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相、無所属の平沼赳夫元経済産業相らは5日夜、都内で8日の新党結成に向けて準備会合を開く。党名や基本理念、政策などについて詰めの調整を行う考え。既に同党を離党した鳩山邦夫元総務相については、結党時の参加は見送られることが決まった。準備会合に先立ち、同党の園田博之前幹事長代理は5日午後、党本部で谷垣禎一総裁に離党届を提出した。
 平沼氏は5日午後、鳩山氏の新党参加について「党首として考えていない」と記者団に述べ、発足時のメンバーには加わらないことを明らかにした。ただ、「第2段階、第3段階では増やしていかないといけない」として、結党後の合流の可能性には含みを残した。平沼氏は6日以降に鳩山氏と会談する。
 一方、鳩山氏は5日午前、都内で記者団に「与謝野さん、平沼さんには強い同志意識をもっている」と述べ、新党への参加に意欲を示した。
 鳩山氏と与謝野氏は共に1976年の衆院選で初当選し、親しい間柄。ただ、鳩山氏は、兄である鳩山由紀夫首相と同様、母親から資金提供を受けており、「新党のイメージを下げる」として参加には慎重な意見も出ていた。
 与謝野氏は昼前に、自民党の中曽根康弘元首相や青木幹雄前参院議員会長を相次いで都内の事務所に訪問。中曽根氏との会談で与謝野氏は、新党を結成する考えを伝え、協力を求めた。中曽根氏は「日本が進む方向性を、国民の前に明らかにしてほしい」と答えた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

川崎のマンションで火災、1人死亡2人重体(読売新聞)
「2人区」、5府県で決着=参院選2次公認で9人−民主(時事通信)
首相動静(4月6日)(時事通信)
<警察庁>警官不祥事に長官「遺憾」(毎日新聞)
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述−福岡県警(時事通信)
posted by タヤマ タダヨシ at 18:37| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

<スペースシャトル>山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】「ママにも、宇宙飛行士にもなりたい」。そう言った女性が、10年来の夢を実現させる。米東部時間5日午前6時21分(日本時間同日午後7時21分)、米スペースシャトル「ディスカバリー」で宇宙に飛び立つ山崎直子さん(39)。日本人2人目の女性宇宙飛行士という経歴を持ち、それゆえに仕事と出産や育児の両立に悩んできた。多くの働く女性がたどる苦労を体現した山崎さんは、苦難を一緒に乗り越えた家族と待望の瞬間を迎える。

 山崎さんは宇宙飛行士候補に選ばれた翌年の00年、国際宇宙ステーション(ISS)管制業務にかかわるソフトウエア会社に勤務していた大地(たいち)さん(37)と結婚。02年に長女、優希ちゃん(7)を出産した。当初は日本で2人で育児をしていたが、03年のシャトル空中分解事故で状況が一変。それまでは日本でのISS搭乗員向けの訓練が中心だったのが、シャトルやロシア・ソユーズ宇宙船の搭乗員資格も取ることになり、山崎さんの米露での訓練が急増した。

 米国で山崎さんが訓練をしつつ保育園の送迎をしたり、最終的には大地さんが04年に会社を辞めて「主夫」になるなど試行錯誤を続けた。しかしすれ違いが多く、離婚の危機もあったという。

 家族は衝突を繰り返しながら、08年11月のシャトル搭乗決定を経て、再びきずなを取り戻した。打ち上げ前日の4日には、ケネディ宇宙センターを望むレストランで山崎家主催の「感謝祭」を開催。打ち上げ準備のため欠席の山崎さんの等身大パネルや、応援メッセージの書き込まれた横断幕が飾られた。

 約200人の親族や友人に囲まれた大地さんは「決して楽な道のりではなく、つらいことも多かったが、やっと報われる。(宇宙飛行士候補に選ばれてからの)11年間のすべてを2週間のフライトに込め、思う存分楽しんでほしい」と感無量の面持ちで語った。また、優希ちゃんは「ママ行ってらっしゃい、がんばって!」と元気な声を上げた。2人は家族用の専用席でディスカバリーの旅立ちを見つめる。

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:11年の集大成…4月にシャトル搭乗
スペースシャトル:山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ
エンデバー:米ケネディ宇宙センターに帰還
シャトル:山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」
スペースシャトル:エンデバー打ち上げ成功

公務員法改正案、衆院で審議入り(産経新聞)
警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕(産経新聞)
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減−政府(時事通信)
仙谷戦略相が予算酷評「戦争末期の軍事費」(読売新聞)
亀井、仙谷氏に溝=郵政改革(時事通信)
posted by タヤマ タダヨシ at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。